自分に向いている分野を見つける方法

聞いたことは経験にはならない!

他の分野のことを知るにはいくつか方法があります。ネットで調べたりまた、その就業先のことが知りたけばそこの知人に聞いてみるなどするとグッと詳しい情報は手に入ります。ですが、やったことがないことは想像ができないもの。一聞していい所だとしても実際行ってみたら人間関係が自分には合わなかったり社内規則に縛られっぱなしとミスマッチが出やすくなします。あまり耳だけの情報だけで決断しないことです。
では、どうやったら聞いた話を利用したらいいのか。自分の経験と照らし合わせてみるといいでしょう。似た経験はありませんか?聞いたことある法律などに準じた就業先でしたら同じような仕事内容かもしれません。また、組織構成や年代層も聞いてみるとなんとなく想像はできるはずです。

自身の素地を強くする

社会人として仕事をしていると知識や技術に専門性が出てきます。そういった強みを持っているのも大事ですがいち社会人としての強さを持っていると独自の仕事のやり方を持っていけます。独自のスタイルを確立してしまうのです。そのスタイルではコミュニケーションの取り方だったり時間の使い方などどんな場所、仕事以外の所でも癖や習慣として持っているものを自覚して磨いていると自ずと自分のスタイルになっていきます。
このスタイルの確立の利点はどこに行っても自分のリズムをつくりやすい。自己アピールが容易になる。欲しい情報が身につきやすく経験を基としてその場所と自身の相性を図ることができます。こうすることで自身の得意とする分野が見つけやすくなります。